0

おが丸初乗船。24時間の船旅へ!!

新橋からゆりかもめに乗船

東京メトロで新橋駅へと降り立つ。ゆりかもめに乗るのは久しぶりだ。高い高いと敬遠していたゆりかもめだが、竹芝までは190円。まぁ、これくらいなら。

竹芝桟橋に停泊するおがさわら丸

竹芝へと近づくと、大きな船が目に入る。これが小笠原へ行く唯一の交通手段、おがさわら丸だ。これから向かうのは、船でしか行けない秘境、小笠原諸島だ。

小笠原諸島は、東京から南へ1000km離れた太平洋に浮かぶ島だ。この島へは空路でのアクセス手段がなく、このおがさわら丸でしか行くことができない。しかも、片道24時間。おがさわら丸は小笠原で3夜停泊し、また24時間かけて東京へ戻ってくる。飛行機を使えば国内のどこへだってすぐに到達できるこの時代に、都合6日かけなければ行くことができない秘境だ。今回、遅れての夏休みがとれたので、これを機に小笠原諸島へ行ってみることにした。

竹芝客船ターミナルで手続き

竹芝駅を降りてすぐの竹芝客船ターミナルで乗船手続きを行う。といっても予約の段階ですべての情報は送っているので、チケットを引き換えるくらいだ。乗船前に必要な飲み物や弁当なども、ここで買っておこう。

いよいよ乗船

乗船はチケットに書かれた番号ごとに区切って行われる。自分は400番台。700番から順に受付が行われていき、自分が乗船できたのは10時15分頃だった。

今回乗船する二等寝台

乗船してすぐに自分の寝台へと向かう。二等寝台はカプセルホテルのような狭い空間。カーテンを閉めれば密閉空間でプライバシーは保てるのだけど、横になれるスペースだけしかない。まぁ、ドミトリーとかで慣れてる人には『いつも通りの空間』だ。

大きな荷物は手荷物置き場へ

大きな荷物については手荷物置き場へ置くこともできる。自分のような小さめのスーツケースなら、足元の下駄箱スペースに入れることもできる。通路に置いてる人も多いけど……

デッキに出て出港の時を待つ

天気がいいなら、デッキに出て過ごすのが一番だ。いい天気の中、外を眺めてビールを飲む。これがサイコーに気持ちいい。ドラの音が鳴り、いよいよ24時間の船旅へ出港する。

レインボーブリッジをくぐる

竹芝桟橋を出て最初の見所はレインボーブリッジだ。いつもはバイクで通るレインボーブリッジを、今日は船でくぐる。遊覧船気分で写真を撮る人も多い。

羽田空港近くでは飛行機が上空を通過する

羽田空港あたりまで来ると、そろそろ昼食の時間もあって船内に戻る人も多くなってきた。自分はご飯を食べてきたのだが、そろそろ持ち込んだ酒が切れてきた。

Haha-jimaではおが丸オリジナルカクテルの販売も

7デッキにある、展望ラウンジHaha-jimaを覗いてみる。ここでおが丸オリジナルカクテルを発見!!ボニンブルー700円とミックスナッツ350円を注文。これを持ってデッキに上がる。

綺麗な青のカクテルを呑みながら海を眺める

小笠原の海の色『ボニンブルー』をイメージした、青いカクテル。これを呑みながら海を眺める。小笠原特産のラム酒の香りがしっかりとして、これから向かう島への期待がどんどん高まる。

浦賀水道では他の船と並走する

船は横浜を過ぎて、浦賀水道へと差し掛かる。ここは船が輻輳する海の難所。複数の船と並走しながら、東京湾の外を目指す。

ついに島ラムロックに手を出した

ラム酒の香りが気に入ってしまったので、島ラムのロック600円に手を出してしまう。これをチビチビやりながら、ほろ酔い気分で海を眺めるのが最高に気持ちいい。日が照っているが、海の上を走る船の上は風が流れているので暑くない。バイクで走っている時と同じ爽快感に、さらに酒が加わって、最高の気分だ。そのままうとうとと居眠りまで始める……

夕暮れ近く、島を眺めながら『サンセット』

目が覚めた頃には、船は東京湾を出て伊豆諸島に差し掛かっていた。そろそろ日が傾いてきていたので、またHaha-jimaでオリジナルカクテルを注文。夕暮れ時に合わせて『サンセット』を頼んだ。パッションフルーツリキュールとオレンジジュースを合わせた、夕焼け色のカクテルだ。

太平洋の真ん中で眺める夕焼け

広い海に太陽が沈んでいく。水平線上に雲が出ていたので日が沈む瞬間は見れなかったけど、何もない海の真ん中で夕日を眺められる機会なんて、なかなかないだろう。時刻は17時過ぎ。この船に乗って6時間が経過した。まだまだ船旅の1/4しか経過してないのはびっくりだ。

レストランChichi-jimaで夕食

17時半からレストランが営業開始。一度はレストランで飯を食おうと思って、レストランへ向かう。メニューを眺めながら、ラーメンにしようかステーキにしようか迷っていると、並べられていた単品メニューが目に入った。

島寿司と島塩ピクルス

島寿司と島塩ピクルス、こうくれば、ビールは欠かせないだろう。まさに今日は1日呑んでばかりだったが仕方ない。おがさわら丸はそれほど大きな船でもなく、レクリエーションみたいなのもない。ただ、ひたすら贅沢なのは、水平線の向こうまで広がる青い海だ。つまり、ひたすら海を眺めて酒を飲むくらいしか、やることがないのだ。

いい感じに酒が回ったところで、ごろんと席に横になった。そろそろ外洋に出て船が揺れはじめている。揺りかごに揺られるみたいに、ゴロゴロしながら眠りについた。

<<