もつ煮丼
0

雨の三国峠を抜けて

前日の夜のうちに前橋まで高速を走り、前橋市へ到着。
ネットカフェに転がり込む。
翌朝、ネットカフェを出て向かうは三国峠だ。

高速を使わずに群馬から新潟に抜けるのなら、三国峠を使うことになる。
カーブも多く、トンネルも少し狭いが、バイクならなかなか走りごたえのある道として楽しめる。
平野部は晴れていたが、このあたりでは雨に悩まされる。
ずぶ濡れになりながら、路面も濡れているのでオーバースピードにならないよう慎重に・・・

道の駅 みつまた

三国峠のてっぺんをトンネルで抜けて、少し下ると見えてきたのは「道の駅 みつまた」
ここで少し早めのご飯にしよう。峠越えで身体も疲れてきた頃だ。

もつ煮丼 トロトロ温泉卵が幸せ

道の駅みつまたのもつ煮丼。
とろとろのもつ煮の上に、温泉卵。
ご飯は地元魚沼のお米。
これがおいしくないわけがない!!
バイク旅行の途中休憩にピッタリな味だ。

駒の湯山荘への道
駒の湯山荘へ向かう細い道

新潟県に入ると、天気は晴れ上がってきた。
魚沼の快走路を走っていく。
小出から山に入っていき、目指すは駒の湯山荘。
向かう道はだんだん細くなり、車だとすれ違いが怖いレベルに。
でも、バイクなら小道もどんどん入っていける。

駒の湯山荘入口
駒の湯山荘に到着 日帰り入浴も可

そうしてたどり着いたのは、駒の湯山荘。
『元』日本秘湯の会会員とあるだけに、かなり山奥の温泉だ。
とりあえず、受付で500円を払い、浴場の場所を聞く。

駒の湯山荘温泉
温いお湯なので、何時間でも入っていられそう

浴場は、宿の建物から離れた小さなものだった。
男女混浴、女性用の風呂もあり。
薄い硫黄臭のお湯が、こんこんと湧き出している。
さっと体を流して、ゆったりお湯に浸かる。
温度の低いお湯で、長湯にぴったりだ。
天気も良くて、のんびりずっと入っていられそう・・・

と思ったところに飛んできたのはアブ。
山奥の温泉の宿命だが、アブが多い。
端っこに寄ったり、タオルを振り回してみたりしたものの、どうしてもアブの襲撃からは逃れられない。
まぁ、これは仕方ないか。
山奥への旅に戻るとしよう。